お店の紹介 モルト ブランデー スピリッツ 甘味果実酒 ワイン リキュール その他
コニャック アルマニャック カルヴァドス マール&フィーヌ グラッパ その他のブランデー


Home

アルマニャック

★為替相場などの関係で価格は変わることがあります。

-10   1 2 3 . . . . . . .   +10

シャトー・デュ・タリケ・バアルマニャックXO(2.5L)
アルマニャック

 シャトー・デュ・タリケ・バアルマニャックXO(2.5L)
  40% 2500ml ¥24,990
(税込)

力強いボディと深みをもった極上の熟成品
アルマニャック  コニャックと違い、小規模生産者が多いアルマニャック、特にシングルドメーヌ・アルマニャックは、文字通り、個々の農家による手造りの蒸留酒です。
 既に生産を終えていたり、今は使われていないブドウ品種の原酒が樽の状態で現存していたり等、いわばフランスの”地酒”のような存在として、オーセンティック・バーからフレンチ・レストランまで数多くの支持を得ています。

 アルマニャックはもちろん、それ以外のお酒でも1962というビンテージ品を手に入れる機会はほぼ失われつつあるといっても過言ではないでしょう。このベルトリュックは希少なバコ種を100%使用し、力強いボディと深みをもった極上の熟成品です。
 フィニッシュでサフランやナツメグのようなスパイス香とプラムの香りがひろがる、古酒アルマニャックならではの1本です。手に入るうちにぜひ!

 ドメーヌ・ド・ベルトリュック1962
  46% 700ml ¥27,800
(税込)

父の日の贈り物にも人気です!
アルマニャック  このユニークなアルマニャックは、1954年に時のフランス首相が「国民はアルコールを飲まず、ミルクを飲むように」と奨励したのを皮肉って、”オトナのミルク”と洒落て哺乳瓶スタイルで発売されたものです。

 デュカスタン・ファーザーズ・ボトル
  40% 500ml ¥4,197
(税込)

BBR社が推奨する生産者のアルマニャック
アルマニャック  英国最古の歴史を誇る王室御用達の老舗中の老舗「ベリー・ブラザーズ&ラッド社」は、1698年創立。ナポレオン3世や宰相チャーチルらも顧客だった老舗で、女王陛下とチャールズ皇太子の御用達となっております。

 ニーメデルクルー社は1832年創業。数あるアルマニャックハウスの中で最古の歴史を持つ老舗で、数多くのヴィンテージ・ラインナップと品質の高さにおいて評価の高い生産者です。

 それゆえにBBR社でもアルマニャックの推奨品として販売しています。

 XOアルマニャック・ニーメ・デルクル(BBR)
  40% 700ml ¥9,134
(税込)

印象的な強烈な香りが特徴です。
アルマニャック  製造元の”カーヴ・デ・プロデュクトゥール・レユニ(生産者貯蔵庫共同機構)”は、バ・アルマニャックの中心地にあるノガロ町近郊の資金力の弱い小さな農家などが集まって共同でアルマニャックの製造にあたっている組織です。

 ブランド名の「カステルフォール」とは、フランス語で「堅牢な要塞」という意味です。

 フォルブランシェ・セレクションNo1は、原料のブドウにフォール・ブランシェ」を100%使用。

 プルーンやアプリコットのような味わいが感じられます。印象的な強烈な香りが特徴です。

 ド・カステルフォール・フォルブランシェ
  42.4% 700ml ¥5,431
(税込)

1965年蒸留の貴重なオールドボトル!
アルマニャック  ドメーヌ・ボワニエルは、最近、雑誌などで話題になっている「プロプリエテール」の生産者です。「プロプリエテール」とは、ブドウの栽培から蒸留、熟成、瓶詰めまでの全てを自ら行う、最近では少なくなった生産者のことです。大手ではできない、製造工程全てに造り手の管理が行き届いた、希少なアルマニャックです。

 そしてこの生産者のもう一つの特徴は、ぶどうの品種ごとに蒸留、熟成を行っていることです。
 オーナーのマーティン・ラフィット氏は、女性ながらアルマニャックの生産に携わっています。

 会社のスタートは1807年。ラフィット氏の母方にあたるボワニエル家が畑を購入し、ワインを醸造、販売していました。その傍ら少量の蒸留も行っていました。
 第二次世界大戦後にレオン・ラフィット氏がボワニエル家の娘と結婚、当主の死後はラフィット氏が全面的に経営を行うようになりました。彼は5年もの戦争捕虜としての生活の後、自家所有の畑を見直したり、新しい蒸留器を購入したりと、最高のアルマニャックを造るために40年近く情熱を注ぎ続けました。

 残念ながら1994年に彼は故人となりましたが、その意思は娘である現オーナーがしっかり受け継ぎ、高品質アルマニャックを生産しています。
 彼女のこだわりも父に劣らず徹底しており、ワインのヴィンテージのように、ぶどうの品質が非常に重要で、管理の行き届いた畑の中から選び抜かれたぶどうのみで造られます。

 「ドメーヌ・ボワニエル1965オールドボトル・マグナム」は、1965年蒸留の貴重な、マグナムサイズのオールドボトルです。

 ドメーヌ・ボワニエル1965オールドボトル・マグナム
  48% 1500ml ¥102,651
(税込)

コニャックにも負けない珠玉の熟成品
アルマニャック  ジェラス21年は初登場、しかもシングルカスクものです!

 「シャトー・ド・モンテュス」のパシュラン樽にて後熟成されています。
 シャトー・ド・モンテュスのアラン・プリュモン氏は類まれなるワイン生産者で、手を休めることなくテロワールやブドウ品種の改良に励み、世界で最も優れたワインメーカーの一人として賞賛されています。

 ジェラス21年シングルカスクの味わいは、ビターアーモンド、オレンジの花といった非常に複雑な香り。リコリスとコショウの調和のとれたなめらからアタックに続き、フィニッシュは非常に上品なプルーンの風味とバニラとポート酒の香りがはっきりと感じられます。

 セパージュはバコ&ユニブランです。

 ジェラス21年シングルカスク
  44.2% 700ml ¥9,134
(税込)

生産数もわずかのためお早めに!
アルマニャック  ジェラス家の歴史は1246年まで遡る事ができます。ジェラス家はアルマニャックの地であるガスコーニュ、そのガスコーニュスピリッツを持ち続けていくことに誇りを持っています。
 1875年の会社設立以来今に至るまで同族経営を守り続けている数少ない会社で、ヴィンテージ品については1875年ものからあり、古酒のスペシャリストでもあります。

 ジェラス10年は、200種類以上のサンプルより選び抜かれて作られ、アルマニャック最良の地・バ・アルマニャックで栽培されたユニブラン種とバコ種の2種類の葡萄が使われています。
 ユニブランは主にコニャックで使われる品種で、酸味が強く低アルコールでクセの無い味わいが特徴です。
 バコは、フォルブラン(ヴィニフェラ科)とノア(ラブルスカ葡萄)をかけあわせ、フィロキセラの後に開発された品種。1920年代〜70年代にかけて植えられ、この時期のアルマニャックはほぼバコでつくられています。フルボディで厚みのある豊かな風味を加えてくれる貴重な存在です。

 この「シングルカスク」は、ジュランソンの名手「ドメーヌ・ニグリ」のジュランソン樽を使って後熟をかけた、興味深い商品です。品のある甘みとスパイスの香りがのった素晴らしい仕上がり。生産数もわずかのため、ぜひお早めに!

 ジェラス10年シングルカスク
  41.8% 700ml ¥5,431
(税込)

飲み比べに最適な一本。
アルマニャック  ドゥロール社は1893年にProsper Delordによって創設され、彼の子孫により脈々と100年以上続いている蒸留所です。蒸留所は、高級アルマニャックを生産することで知られているバー・アルマニャック地方のLannepax村にあります。
 ドゥロール社では、自家農園で、コロンバール、ユニブラン、フォルブランシュのブドウ品種を栽培し、昔ながらのアルマニャック型と呼ばれている連続式蒸留器を用いて1回蒸留し、1時間当り30リットルにも満たない量のアルマニャックを丁寧に製造しています。

 大器の片鱗を臨かせるパワフルで長い余韻。飲み比べに最適な一本。

 ドゥロール1993
  50.8% 700ml ¥9,648
(税込)

熟成が辿り着く到達点がここに!
アルマニャック  ウイスキーを含め、樽熟成を行う蒸留酒において50年という熟成期間を経て市場にでる品はほとんどないと言ってもいいでしょう。樽材自体の限界が40〜50年あたりと言われていますが、そこまで残る事がまず稀。さらにベストコンディションで瓶詰めされるのはごく一握りの樽のみです。

 最上質の樽を使い、50年ものあいだわが子を育てるごとく慈しんで受け継がれてきた樽がようやく日の目に!

 通常、これだけ手間をかけると、相当高額になると思いますがコニャックに比べて知名度の低いアルマニャックなため、破格の値段でリリースされました。

 その複雑なアロマ、余韻はコニャックを凌駕するほど高いレベル。そして完璧なまでのバランス。

 このジェラス50年を飲みながら、ゆっくりと穏やかに贅沢な時間をお楽しみください。

 ジェラス50年(木箱入り)
  40% 700ml ¥36,823
(税込)

-10   1 2 3 . . . . . . .   +10


HOMEへ